photograph|movie|web|shop_produce 時々料理人

プロに必須なのは【笑わせる】技術【第4項】

今日の撮影は男性のお見合い写真でした。

男性でお見合い写真を撮りに来られる方はほぼ95%「笑うことが苦手」とおっしゃいます。今日の方もそうでした。「おっしゃ〜だったらわらわしたろ〜〜」とプロの血が騒ぐのでした。

お見合いの撮影ということで、スタジオでの撮影です。ロケ撮影とは全く違う「技術」が必要です。正面サイドに大型ストロボ2灯と天井に居つるしたスカイ1灯。影消しライト2灯を操りながらの撮影です。経験が無いとなかなか撮影出来ないかもしれません。でもスタジオで撮影する機会って意外と多いんです。だからスタジオ撮影もしっかりマスターしましょうね。(当サイトでも最終的にスタジオ撮影まで解説させていただきますのでご安心を)

お見合い写真というとなかなか緊張して笑えないシチュエーションが想像されますが・・・全くその通りです。なので、カメラマンは撮影の技術もさることながら【話術】が絶対条件だと僕は思うのです。笑わせてあげる技術です。よく「わらってくださーい」と言ってるカメラマンいますが・・・笑えないですよね??ソコはプロなんだから求めるのでは無く、あなたが笑わせてあげてよ。と、思うのです。

僕はいつも、プロの撮影は喋り7割・技術3割と教えています。
これ、まんざらでも無いんですよ。どんなにスタジオの機材が良くても、笑ってない写真ってつまんないんですよ。価値がないんです。「笑わせる技術」コレ大事なんです。カメラマンもまたシャイな方多いです。お客さんもシャイな方だったらどうなるんだろ??と思いませんか??

カメラマンがしゃべる事は大事です。これもしっかりマスターしていけば良いと思います。
そして上手にしゃべられるようになればモテますよ(笑)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ