photograph|movie|web|shop_produce 時々料理人

お店のブログでやってはいけないこと

お店のブログでやってはいけないこと

お店のHPの中にブログやスタッフブログのページをよく見かけることがあります。
常連客に対してアットホームなイメージを持ってもらうためにスタッフブログを書いている事が多いと思います。とても良い事だと思います。しかし、そのスタッフさんの日常を書き記して「個人ブログ」になっていませんか?それはそれで話しが変わってきます。当然職種にもよりますので、一概にはいえませんが、スタッフの日常はお店のHPに入れない方が賢明だと僕はお伝えしています。

理由は多くの人がスタッフの日常に興味が無いからです。例えば特定のお客さんの事を書いてしまうと「他のお客さん」が焼きモチを焼きます。お客さんは「自分だけの特別扱いしてくれる」事が好きなので、ブログやスタッフブログではお客さんの事やスタッフの日常は書かない方が良いと思います。 例えば美容室のHPでは髪の悩みやメイクの悩みをQ&Aで悩み解決を書いてあげるなど、見てくれるお客さんに有益な情報をブログとしてアップする。その方がお店のHPとして物販販売や新規開拓などにつながっていくと思います。

html言語のサイトは要チェック

ちょっと専門的な話になりますが、昔のhtml言語でホームページを作っている方、ちょっと注意です。Googleの検索基準はほぼ1年ごとに大幅に変更になっています。中には昔作られたサイトだと検索にすら上がってこないようになっている可能性があります。特にタグの後に入れていた「検索キーワード」は現在ではあまり意味をなしてなく、ホームページ全体をスタイリッシュに「写真」で作ったホームページは検索に引っかかりません。現在は文字ベースで無いとサイトと判断されないようで、フォントのサイズや見出し、被リンクの数など、しっかり作り込んでいないと検索に上げてくれなくなりました。最近アクセス少なくなったなぁ〜と思いあたる方は一度チェックしてみてはどうですか??

早速ブログの内容変えてみませんか??

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ